心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長からのメッセージ

町長からのメッセージ

 

十勝の水産

第52回十勝水産振興会の総会が開かれました。
近年の漁業を取り巻く環境は益々、厳しさを増しています。
昨年は、異常気象による水温の上昇で回遊魚が大変な苦戦で、漁獲量も2万1,200トン(前年2万3,000トン)で前年を下回り、生産高は過去10年来最低の51億3,300万円(前年67億1,300万円)となり、厳しい状況です。
北海道は、重要な漁業生産基地であり、十勝の漁業も地域の重要な基幹産業の一つです。
4町(広尾町、大樹町、豊頃町、浦幌町、)3漁協(広尾漁協、大樹漁協、大津漁協)の23年度の事業計画として
施設整備の促進、河川・沿岸の環境整備と保全、漁場整備と増養殖の振興、販路開拓、密漁対策などを確認しました。

また、同日開かれた十勝管内栽培漁業協議会の臨時総会が開催され、マツカワの増養殖事業について協議されました。
昨年の12月15日に国より、突然、マツカワの稚魚の大漁放流事業をH22年度で終了する通告がありました。地元での協議を重ね、北海道、国に対して要望活動をする中で、2年間の経過措置が示されました。その後は終了するということですから、今後の沿岸資源の振興について大きな課題となります。
本協議会では、2年間の間で増養殖事業の継続に向けた取組みの協議をしていくことになりました。
今回の事案は、国の事業仕分けであったようですが、事業の成果、今後の地域での事業展開、漁業振興策等の対策を打ち出す中で仕分けをされるべきで、突然の打ち出しは地域を混乱させと同時に、国の水産振興策に憤りを憶えます。








 町長からのメッセージ(バックナンバー)


広尾町は、「核兵器廃絶・平和の町宣言」をしています。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る