心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長からのメッセージ

町長からのメッセージ

 

新年の挨拶 「新たな第一歩を 町民みんなで」

 新年明けましておめでとうございます。
 本年も、町民の皆さんとともに希望に満ちた新年を迎えることができましたことを、心からお慶び申し上げます。昨年は、町政の推進に多大なるご理解とご支援を賜り厚くお礼申し上げます。
 本年は、広尾町の歴史に刻まれる記念すべき第一歩を踏み出す年になります。
 一つには、4月からのまちの新しい10か年計画「第5次広尾町まちづくり推進総合計画」のスタートであります。
 まちのめざす将来像「海と大地に 笑顔と活力があふれる 町民みんなで歩むまち」を実現させるため、町民の皆さんが生き生きと安心して暮らすことができるまちづくりを着実に進めていきたいと決意を新たにしているところであります。
 もう一つには、十勝港に建設された飼料コンビナートの4月からの本格稼動であります。農業王国十勝の酪農・畜産業への貢献はもちろん、町内経済への起爆剤として大きく期待しているところであり、安定操業に向けて町ぐるみで支援してまいります。
 また、長い歴史を持つ広尾小学校が、4月に広尾第二小学校と統合し、新たな広尾小学校として生まれ変わります。少子化による児童数の減少が背景にあり残念に思う声も聞こえてきますが、これから学校と家庭と児童が一丸となって、学校の新しい歴史を刻んでいただきたいと願っております。
 さて、昨年を振り返りますと、町民が主体となった様々なまちづくりの取組が芽を出した年でありました。
 広尾の水産物や農畜産物のおいしさを多くの人に伝えることを目的に結成された「広尾おいしい町づくりの会」や、町民が町内で気軽に結婚式を挙げることができることをめざし結成された「広尾スタイル・ウェディング」など、様々な企画を打ち出すことにより多くの町民の注目を集めているところであります。第一次産業や商工業、飲食業などまちの経済に大きな活力を与える取組になる可能性を秘めており、今後ますますの活動の活発化を期待しているところであります。
 こうした取組が実を結ぶためにも基幹産業である漁業や農業の安定的な振興が必要であります。昨年は、漁業では主力の秋サケ定置網漁の不審やししゃもの魚価安、農業では春先の多雨や夏場の猛暑の影響による畑作物の生育不良などがあり、心配しておりましたが、漁業・農業ともに前年と同水準の生産額を確保できる見込みとなりました。今後もまちの経済を支える第一次産業の支援を進めてまいります。
 一方、町民による地域活動では、20周年を迎えたボランティアグループ「たんぽぽの会」に厚生労働大臣から感謝状が贈られ、永年の活動に対しての功績が認められました。 また、酪農女性グループの「豊栄会」が、子供たちを対象とした活発な食育活動で北海道から表彰を受けるなど、各団体の協働の精神が着実に根付いてきており、今後も多くの町民がこうした活動に関わることができるような環境を整えてまいります。
 そのほか、子供たちのスポーツや文化活動における活躍が目を引いた年でもありました。まちの未来を担う子供たちがたくましく成長することを頼もしく感じると同時に、今後ますますの活躍に期待しているところであります。
 こうした着実な取組や新しい力が実を結ぶよう、新10か年計画の実行にあたっては、行政主導から町民参加への転換を進め、広く町民皆さんの意見や参加を募りながら「町民みんなで歩む」まちづくりに努めてまいります。引き続きご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 結びにあたり、町民の皆さんが健康で幸せ多い年でありますよう心からご祈念申し上げますとともに、広尾町の更なる発展を願い、平成23年の年頭のごあいさつといたします。






 町長からのメッセージ(バックナンバー)


広尾町は、「核兵器廃絶・平和の町宣言」をしています。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る