心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長からのメッセージ

町長からのメッセージ

 

まちづくりビジョン

3月の第1回定例議会で町づくりのビジョンについて質問がありました。
私は、町長として3年目の折り返しです。町長の進める町づくりについて議論が交わされました。
私は、公約の中で町づくりのビジョンを「地域の自立で豊かな暮らし」を掲げています。ビジョンは将来の向う方向を示すもので、それに向かって努力をするものと思っています。
地域の自立とは、これまで財政が豊かなときは、行政があらゆる分野で整備をすすめてきた。今日、財政危機で限られた財源で運営しなければならなくなり、行政に依存してきた体質を変えていかないと町づくりは出来ません。産業、福祉、健康、医療、教育等それぞれの分野で、住民が自らの意思と責任を持ち行動することです。
住民の皆さんは、広尾町で生まれて育って、頑張ってまちを作ってきました。
これからも、「広尾町を守り住みつづけたい」という住民の気持ちを大切にしなければなりません。
行政は「明日も安心して生活したい」の願いに応える事で
また、住民は、「自分で出来ることは自分でやる」という覚悟が求められます。
収入が減っても、あるだけの収入でやる覚悟です。
自治体の財政は住民生活を守る基本です。
財政危機に陥ったとき、職員みずからの給料を削減し、住民に負担をお願いして乗り切ってきました。
そして、いままで役場に頼ってきたことを、これからはまちづくりを住民が考える絶好の機会であり、それを形にして実践する事がこれからのまちを作っていけるかどうかの分かれ道です。
広尾の特徴である漁業、農林業、港湾、そして商工業を連動させる経済的な自立、住民が地域に関わる自立、安定した財政の自立、安心できる福祉・健康・医療の充実で全ての人が担い手になる町を目指します。
町が自立していくためには町に5つの力をつけることを目標とします。
@地域の力=産業振興・漁林業、農業、港湾、商工業
A生きる力=健康・福祉・医療・子育て
B教育の力=学校、地域、家庭の連携による生涯学習
C住民に力=協働のまちづくり
D改革に力=行財政改革



 町長からのメッセージ(バックナンバー)


広尾町は、「核兵器廃絶・平和の町宣言」をしています。

お問い合わせ
企画商工課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る